こんにちは。 

 

 

新宿で活動している下半身痩せダイエットコーチ、パーソナルトレーナーの今村まさふみです。

 

 

 

〜ご案内〜

▶︎オンライン書籍

【誰でも簡単!】腸内環境改善ダイエット

REQEにて販売中

 

▶︎下半身痩せダイエットヨガ

毎月第1、第3火曜日に下半身痩せヨガ講座開催

≫詳しくはこちらから

 

今回のテーマは『女性がトレーニングで効果を出すために知っておくべきこと!』。

 

 

女性と男性はヒトという括りで見ればそんなに大きくは違わないし、パーソナルトレーニングに対するニーズもそんなに多くは違いません。

 

着たい服を着る、

 

健康的で引き締まった体、

 

好きなものを食べても太らない体…

 

などなど。

 

 

男女共通で多くの方がこのように考えていると思います。

 

しかし、男性と女性で決定的に違う点があります。

 

今回はそのことを踏まえ、女性が効果的にトレーニグを行なっていくポイントをお話していきます。

 

男性と女性の違い

男性と女性の決定的な違い。

 

それは出産をするということです。

 

出産の経験するかしないかは別として、女性の骨格やそこに付着している筋肉、内分泌系などは、12歳頃から出産に向けて準備をしていきます。(個人差はあると思います)

 

骨盤は男性に比べ横幅が広く、臀筋群が伸びやすい構造にあります。

 

また、どのように出産しても、妊娠は女性の体に莫大なストレスを与えます。

 

骨盤は過度に前傾し、腹腔はストレッチされるため、所謂『Core』と呼ばれる部分はどうしても弱くなってしまします。(ここでいうCoreは、 LPHC:腰椎、骨盤、股関節周囲にある筋肉を指します)

 

出産に立ち会って実際に骨盤を触った経験からも、尋常ではなくらい骨盤が前方に開き、その周りの筋肉や靭帯にはストレッチがかかっていました。

 

直後は自力で立つことはもちろん、骨が軋む痛さにも悩まされていました。

 

女性がトレーニングで効果を出すなら

そもそも骨盤の横幅が広く臀筋群が弱くなりやすい、ましてや出産を経験された女性であれば、コアや臀筋群のトレーニングを優先的に行うべきだと思います。

 

正しくコアを動員させる。

 

もちろん、地面に接しているのでコアと一緒に足の使い方を再学習させることも忘れてはいけません。

 

これらの基礎をやらないで、バーベルやダンベルを使ってリフティングを行なっても中々効果が出ないのは当たり前かもしれません。

 

女性がトレーニングで効果を出したいのであれば、このような性差もしっかりと把握し、コアの筋肉を鍛えベースを作ることをオススメします!

 

詳しいシステム・料金のご案内

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

パーソナルトレーニング体験受付中

どんなトレーナーが担当するのか?

 

体験を通じて信頼出来るトレーナーだと感じた場合のみお申し込み下さい

 

体験をしたからと言って無理な勧誘をする事は一切ありません。

 

お客様の目的に対して何をやってはいけないか、何をやったらやら成功するのかをしっかりとお伝えします。

 

あなたにとって最も効果的なアプローチ方法をカウンセリングをもとにアドバイス致します。

 

▶︎個別カウンセリング&体験トレーニング◀︎
毎月限定5名:10,000円→5,000円(税抜き)

体験の流れ

 

個別カウンセリング&体験トレーニングのお申し込み
http://lsp.tokyo/contact

もしくは、LINEからお申込み下さい。

 

ご登録はこちらから!

友だち追加

 

登録後、

 

@登録特典

 

とメッセージして頂くと自宅で出来る下半身痩せエクササイズ動画をプレゼントしています(^ ^)

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

《人気記事》

▶︎下半身痩せに必要な5つの運動

下半身痩せに必要な5つの運動

 

 

▶︎《ヒトが太る6つの理由》太る原因は食べ過ぎだけではありません!

《ヒトが太る7つの理由》太る原因は食べ過ぎだけではありません!

 

 

《人気動画》

 

 

下半身痩せ専門パーソナルジム“からだラボ”


《営業時間》9:00〜22:00

体験のお申込みはこちら

詳しいシステム・料金のご案内