トレーナー紹介

今村雅史

パートレーナー
ファイナンシャルプランナー
合同会社Life Style Proposer代表社員
日本下半身痩せ協会テクニカルアドバイザー
バスケットボール歴20年

 

『下半身痩せとリバウンドしない体作り』をコンセプトに、新宿・代官山でパーソナルトレーニングを行っている。

 

中学校からバスケットボールをはじめ、高校1年時に膝を故障する。

整形外科医の処方通りに膝のトレーニングを行ったところ、悪化。

高校3年間で一度も痛みが引くことなく引退。

この処方が間違いだったことに、トレーナーになってから知る。

トレーナーとなり正しいトレーニングを行った結果、社会人でプレーをしていても一度も膝が痛くなることなく引退。

バスケットボールを週4回やって体を動かし、週2回トレーニングをやっていた事から、自分は絶対に太らないと考え、休憩中や勤務後にコンビニ弁当やパン、デザートを食べまくる生活を送る。

ところが、運動をしていたにも関わらず太りはじめ、最終的に体調を崩し入院をしてしまう。

この経験をきっかけに運動だけでは痩せない事を知り、食の大切さに気が付く。

以来、ダイエットや健康管理には食べる量よりも食べ物の質が大切なことを伝え続けている。

ベンチャー系フィットネスクラブに入社後8か月で店舗マネージャーに就任。

その後、フリーのパーソナルトレーナーとして活動開始、所属店舗で1位の売上を達成する。

特に、下半身太りやダイエットをしてはリバウンドを繰り返してしまう30代女性を数多く担当する。

エステや糖質制限では達成できなかった“下半身痩せダイエット”を3ヶ月で達成。

以降、お客様は年齢や体型を気にすることなく好きな服を着て出かけられるようになる。

高校時代に行っていた、根拠のない間違えたトレーニングの経験から、解剖学や生理学などの科学的根拠に基づいた感覚だけに頼らない、正しいメニューの普及に努める。

アスリートのパーソナルトレーナー、リバウンドした方の駆け込み寺として活動中。

リバウンドを繰り返すダイエッターや下半身太りに悩む女性を中心に、モデル、アスリート、声優などを担当している。

現状ではアスリートのみが享受しているスポーツ医科学に基づいた科学的なアプローチの一般への普及。そこから多くの人たちに未病という考え方、自分の身体や健康は自分でコントロールできるという考え方を広め、身体や健康のことで悩むことなく、やりたいことが出来る人生を送れるようになってもらいたいという信念のもと活動中。