お酒とダイエット

▶︎著者紹介◀︎
今村まさふみ 『下半身痩せ&リバウンドしない体づくり』をコンセプトに新宿・代官山でパーソナルトレーニングを行っています。科学的根拠に基づいたプログラムを作成し、多くのお客様から支持を得ている。 詳しいプロフィールはこちら

 

渋谷、代官山、新宿で活動しているLife Style Proposer パーソナルトレーナーの今村です。

 

忘年会シーズン突入🍻

 

と言うことで、今回はお酒とダイエットについてのお話です。

 

お酒とダイエット

 

■リバウンドしないダイエット■
▶︎体験受付中◀︎ 
お申し込みはこちら 

▶︎LINE@登録特典◀︎
“ダイエット基礎講座”動画プレゼント
お申し込みはこちら

▶︎ダイエットモニター募集中◀︎

新宿でのモニターご協力していただける方を募集しています
詳しくはこちら▶︎メールマガジン配信中◀︎
リバウンドしないダイエットの秘密を配信中
登録はこちら

 

【アルコールのカロリー】

アルコールは1gあたり7kcal持っています。

 

確かに、糖質やタンパク質の1gあたり4kcalに比べると、持っている熱量は多いです。

 

しかし、アルコールの持っているカロリーは体内に蓄えられることなく消費されてしまうと言われています。

 

太る原因はアルコールのカロリーというよりも、お酒に含まれる糖質などのカロリーの方にあります。

 

 

また、一緒に食べるものも栄養素的には貧しいものが多く、糖質や脂質に偏っていることが多く、これも太ってしまう原因です。

 

 

【アルコールの処理】

そして、飲んだアルコールは肝臓で処理され無毒化されますが、肝臓の処理能力を超えてお酒を飲んでしまうと、酔っ払ってしまいます。

 

 

アルコールに弱い人がすぐに酔っ払ってしまうのは、代謝能力が低いため、解毒(分解)ができずにすぐに血流にアルコールが漏れ出してしまうからです。

 

また、腸が正常に機能していないと、肝臓への負担が増えてしまい、それだけ肝臓にダメージを与えてしまいます。

 

 

アルコールを処理するためにかかる時間は、日本人の場合概ね1時間あたり4gとされています。(出典:財団法人自己分析センター)

 

例えば、

 

体重60kgの成人男性が瓶ビールを2本飲むと、無毒化するのに約6〜7時間かかるとされています(出典:公益社団法人アルコール健康医学協会)

 

夜お酒を飲んだ場合、寝ている時間ほとんどがアルコールの処理にかかってしまうので、その際、他の機能はほとんど作用していないと言われています。

 

と言うことは、飲酒をすると寝ている間にタンパク質、炭水化物、脂肪の処理をし、胆汁、グリコーゲン(糖質)、代謝に使用する血清タンパク質を合成がほとんどされないと言うことになります。

 

これもまた太ってしまう原因です。

 

【アルコールと筋トレ】

ダイエットのためにトレーニングを頑張っている方は少なくないかと思いますが、アルコールの摂取は筋肉にとってもデメリットがあります。

それは、

頑張って育てた筋肉がアルコールによって分解されてしまうということです。
痛飲はたちまち筋を破壊することが知られており、この現象は、「急性アルコール筋症(ミオパチー)」と呼ばれています。

【運動する人ほど良く飲む】

一般的によく運動する人のほうが、運動しない人よりも多く飲酒しているよイメージ。これについて、当時ペンシルバニア州立大学教授で現在ノースウェスタン大学フェインバーグ医学部(Northwestern University Feinberg School of Medicine)教授のデヴィッド・コンロイ博士たちは、18〜89歳の男女150人を対象に運動と飲酒に関する調査を行いました。
調査は1年間、異なる季節で3週間ずつ3回実施されました。その結果、コンロイ博士たちは、参加者の身体活動は木曜日から日曜日にかけて最も活発であり、またこの期間に最もアルコール消費量が多いことを見出しました。全ての身体活動レベル、全年齢層において同じことが確認されました。
Daily physical activity and alcohol use across the adult lifespan.

 

David E. Conroy, Nilam Ram, Aaron L. Pincus, Donna L. Coffman, Amy E. Lorek, Amanda L. Rebar, and Michael J. Roche.

 

 

なぜこのような結果になったのかはまだ解明されてはいませんが、運動量の増加に伴いアルコールの摂取が増えるのは間違いないようです。

 

確かに、運動選手やトレーニングをやっている人の方が飲むイメージはありますよね。

 

実験結果によると、アルコール摂取量が1g/kgを超えた場合、テストステロン(筋肉の合成を促すホルモン)の分泌量が低下する現象が確認されました。

 

このことから、体重が軽く、肝臓の代謝能力が弱い人ほどすぐ酔っ払い、そして筋肉の合成が弱まると考えられます。

 

このようなこともあるので、ダイエットのためにトレーニングを頑張っている方は、飲み過ぎないように注意をしてください!

 

パーソナルトレーニングの体験募集中

 

毎月先着5名様まで半額で受講できます。

 

今月は残り2名です。

 

通常10,000円 → ¥5,000円

 

下半身痩せ、リバウンドしないダイエットにご興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

※モニターの募集は終了いたしました。

 

http://lsp.tokyo/contact

 

下半身ダイエットコース

【内容】

 

週1〜2回のパーソナルトレーニングと動画を見てのご自宅でのトレーニング

 

セッション時間:45分〜50分/1回

 

【料金】

10回コース:90,000円(税抜き)

 

16回コース:136,000円(税抜き)

 

 

【こんな方におすすめ】

▶︎スクワットがうまくできない

 

▶︎ズボンがきつくなった

 

▶︎上半身は痩せるけど下半身が痩せない

 

▶︎O脚をなんとかしたい

 

▶︎ヒップアップしてズボンをカッコ良く履きたい

 

体験セッションをやっていますので、お気軽にお問い合わせください!

 

 

お問い合わせ

 

 

【下半身痩せのためのエクササイズをご紹介!】

▶︎ヒップアップのためのプログラム

 

▶︎実際のセッションでお客様が行なっているトレーニングはこちら!

 

今村からのお願いです!

 

・LINE@にご登録ください!

・メールマガジンにご登録ください!

・気に入った記事があったらシェアをお願いします!

・質問やお仕事の依頼があったらご連絡ください!

 

よろしくお願い致します。

 

ご質問、感想お待ちしております。

 

 

 

▶︎LINE@登録特典◀︎

“ダイエットの基礎講座”プレゼント!

ダイエットの基本をわかりやすくお伝えしています。

▶︎メールマガジン◀︎

リバンドしないためのダイエット講座

登録は数秒で終わります!

 

お知らせ

【短期集中ダイエットプログラム!】

 

【パーソナルトレーニング体験受付中!】

 

 

■ご案内■
5つの特徴
お客様の声
料金
お問合せ
□食事制限をしても痩せない
□運動しても痩せない
□20代の頃と同じことをしても痩せない
1つでも当てはまったら是非ご相談下さい!
代官山駅徒歩1分Sbox+
東京都渋谷区代官山町16-1 カスティーヨ501

コメントを残す