代官山・渋谷でパーソナルトレーニングをお探しならLife Style Proposerへ|30代女性のリバウンド対策に特化!

【プロテイン】動物vs植物

渋谷、代官山で活動しているLife Style Proposer パーソナルトレーナーの今村です。

 

 

さて、プロテインを飲まれている方ならご存知かと思いますが、プロテインにはホエイ(乳製品)のような動物由来のものと、ソイ(大豆)のように植物に由来するものがあります。

 

芸能人などはソイを飲んでいるケースが多く、アスリートはホエイを飲んでいるケースが多い様です。

 

そこで、今回はこの2つのプロテインの違いと、どっちがいいのかについてお話ししていきます!

 

┏1.違いは必須アミノ酸の含有量
┣2.植物性=太りにくい
┗3.お知らせ

 

違いは必須アミノ酸の含有量

これら2つのたんぱく質の1番大きな違いは、必須アミノ酸の含有量です。

 

必須アミノ酸とは、体内で作ることが出来ないアミノ酸のことで、食事から摂取するしか方法がありません。

 

(この必須アミノ酸は動物によって違います。イヌの必須アミノ酸とヒトの必須アミノ酸の種類は違います)

 

たんぱく質は20種類のアミノ酸によって構成されていますが、このうち9種類は必須アミノ酸と呼ばれています。(子供は10種類)

 

必須アミノ酸

【メチオニン、フェニルアラニン、リジン、ヒスチジン、トリプトファン、イソロイシン、ロイシン、バリン、スレオニン】

 

 

動物性たんぱく質:必須アミノ酸を豊富に含んでいる

 

植物性たんぱく質:動物性に比べると必須アミノ酸が少ない

 

アミノ酸は、20種類揃って初めて力を発揮します。

 

身体づくりをする際に必須アミノ酸が沢山取れる動物性たんぱく質を勧める人が多いのはこのためです。

 

ただし、最近のプロテインではこの弱点を補うために不足しているアミノ酸を添加しているソイ・プロテインも販売されています。

 

植物性=太りにくい

植物性たんぱく質は動物性に比べ比較的脂質が少ないということが、ダイエッターや女性に好まれている理由の一つだと思います。

 

脂質が少ない=太りにく

 

このようなイメージになっているのではないでしょうか?

 

一方、動物性たんぱく質は前述の通り必須アミノ酸が豊富に含まれています。

 

動物性の場合、脂質も多く含まれているので

 

動物性=太りやすい

 

となっているようす。

 

しかし、

 

これは酵素やコラーゲンの話と同じですが、

 

体の中に入ってしまえばアミノ酸に分解されてしまうので、動物であろうが脂質であろうが結局は同じです。

 

どちらが優れているといった話ではなく、目的や用途に応じて使い分ければいいのです。

 

食事からしっかりとたんぱく質を摂取できている方であれば、ソイでいいと思いますし、食事からきちんと取れてないということであればホエイを使えばいいと思います。

 

あくまで栄養補助食品になるので、それ単体で完結するといった考え方ではなく、上手に使いこなしましょう!

 

 

 

お知らせ

【短期集中ダイエットプログラム!】

【パーソナルトレーニング体験受付中!】

 

体験パーソナルトレーニング

【YouTubeチャンネルはじめました!】

https://www.youtube.com/channel/UCO4VmYGLUgQxfCtlj1ekAjA

■ご案内■

5つの特徴

お客様の声

料金

お問合せ

□食事制限をしても痩せない

□運動しても痩せない

□20代の頃と同じことをしても痩せない

1つでも当てはまったら是非ご相談下さい!

代官山駅徒歩1分Sbox+ 東京都渋谷区代官山町16-1 カスティーヨ501