【代官山・パーソナルトレーニング】脱リバウンド!

当ジムの5つの特徴

  • 特徴1:独自のリバウンド対策ノウハウをお伝えします

    テレビや雑誌、ネットの広告を見ると、『結果にコミットします』、と打ち出しているジムやパーソナルトレーナーがここ数年で一気に増えた様に感じます。ただし、結果をコミットする事は当たり前。大切なのはその結果をどのようにして維持をするのか。Life Style Proposerではリバウンドしないための考え方をお伝えしています。

  • 特徴2:科学的根拠に基づいたトレーニングメニュー

    科学的根拠に乏しいトレーニングメニューと極端な食事制限を活用した短期間でのダイエットが原因で低下した代謝をアップさせ、太りにくく痩せやすい身体を作っていきます。解剖学やスポーツ医学、栄養学などの科学的根拠に基づき、お客様おひとりおひとりに合ったプランご提案いたします。

  • 特徴3:無理な糖質制限や辛いトレーニングは行いません

    必要な栄養をしっかり摂り、効率の良いトレーニングを行いリバウンドしにくい身体を作っていきます。恒常性という機能があるため人間の体は急には変わりません。運動生理学や栄養学に基づき、無理な食事制限や無駄に辛いトレーニングを行わずに体を変えて行きます。

  • 特徴4:リンパセラピー®と温熱療法を組み合わせたボディーケア

    トレーニング後には、リンパセラピー®と温熱療法でボディーケア。リンパの流れを整え、カラダを中心から温めることによって、トレーニングによってダメージを受けた肉体の回復を早め、ダイエット効果を促進します。
    ※トレーニングとは別料金になります。

  • 特徴5:webでお客様ごとのプラン管理

    トレーニグメニューや初回に行う お結果はweb上で管理をしています。また、自宅でのトレーニグメニューもweb上で管理しています。ネットに接続できる環境があればどこでもトレーニングが可能です。

対処の時代から予防の時代へ

太るのは簡単なのに、痩せるのは大変…
普段からきちんとコントロールできていれば太りませんが、中々それも難しい。
 
多くの方は見た目や体重を気にされると思いますが、肥満によって引き起こされる病気が多いことも知っておかないといけません。

健康チェックシート
糖尿病
脂質異常症
高血圧
睡眠無呼吸症候群
肥満関連腎臓病
肥満症
肩こり
腰痛
膝痛
頭痛
便秘症

(出典:日本肥満学会 肥満症診断基準2011一部改編)

あなたはいくつ当てはまりましたか?
上記に挙げた病気や症状の原因は、体重や脂肪の増加と関連があります。
肥満になるだけでこれだけの疾患に罹患するリスクがあります。普段から肥満を予防するだけで、これらの疾患にかかるリスクを軽減することができます。上記疾患で重度のものになると、仕事を休んだり続けられなくなるケースも考えられます。一部投資家や権利収入を得ている方は別として、仕事がなくなればそれと同時に収入も無くなります。保険や貯蓄でなんとかなるかもしれませんが、なんともならない方の方が多いのではないでしょうか?
 
そう考えると、予防することでそういった経済的な損失も防ぐことができます。
 
太るためにお金を使い、痩せるためにも何十万円投資する。
 
これも経済的に見たら大きな損失だと思います。
 
また、膨れ上がる社会保障費に対し税収は減っていく一方です。
 
年金受給年齢の引き上げや支給金額のカットなど暗い話題が先行しています。
 
高額療養費や還付制度があるので現在は比較的病気になってもある程度は国が助けてくれますが、この制度もいつまでもつのかわかりません。
この先病気になるだけで、現在よりも様々な心配が生まれてきます。
 
豊かな人生を送るために必要な事とはなんなのでしょうか?
色々な要素があると思いますが、「健康」は外せないキーワードだと思います。
 
病気になって健康のありがたさ、その大切さにはじめて気がつく方は少なくありません。
 
あなたがインフルエンザで40度近く発熱したら。
なぜ予防接種をしなかったのか、
手洗いうがいをしなかったのか、
と後悔するはずです。
 
そして、次からはうがいと手洗いと習慣化し予防するはずです。
 
ギックリ腰になったら、普段から運動して鍛えておけばよかった思うだろうし、体重計に乗ってから日頃の不摂生を後悔するはずです。
 
体が思うように動かなければ、やりたいと思ったことができません。
 
体に痛みを抱えていても同じです。
 
定年退職の年齢が引き上げられたとしても、高齢者の定義が今よりも上がったとしても、健康でなければ働けないし、若くてもやりたいことができません。
 
私には4人の子供がいます。
一番下の子供が成人するときは今から20年後なので55歳です。
 
そこまでは何があっても元気でありたいと考えています。
(そのあとも健康でありたいですが)
 
そのために普段から食べ過ぎないように、飲み過ぎないように気をつけたり、肉体が衰えるスピードを緩やかにするためにトレーニングをしています。
 
30代を超えると20代とは比べ物にならないくらいの速さで肉体は衰えていきます。
 
今までは、『痛くなってから』、『太ってから』行動に移す、対処療法型の人が圧倒的に多かったと思います。
 
しかし、これからは自分自身の人生設計を考えて、様々の疾患を予防する時代が来ると思います。
 
長生きはしなくてもいいから健康的に生きたい。
 
お客様とお話をしていてもこのように考えている方は多いように感じます。
 
『脱リバウンド』をキーワードにお客様の健康管理のお手伝いができればと思います。
 
Life Style Proposer 代表 今村雅史