▶︎著者紹介◀︎
今村まさふみ 『下半身痩せ&リバウンドしない体づくり』をコンセプトに新宿・代官山でパーソナルトレーニングを行っています。科学的根拠に基づいたプログラムを作成し、多くのお客様から支持を得ている。 詳しいプロフィールはこちら

 

From 新宿のスタバ

 

 

 

 

今日はトレーニング後にうどんを食べました 笑

 

 

こんばんは

 

 

 

渋谷、代官山、新宿で活動している下半身痩せダイエットコーチ、パーソナルトレーナーの今村まさふみです。

 

 

 

早いもので12月も半分が終わります。。。

 

 

今年もあと僅か。

 

 

“痩せたい、でも食べたい!”

 

 

 

飲み会が多く食べ物も美味しい季節。

 

 

鴨鍋と日本酒。

 

 

〆のお蕎麦と日本酒。

 

 

日本酒と脂ののったネタのお寿司。

 

 

なんとも悩ましい季節です。。。

 

 

 

彼女もきっと僕に出会っていなければ、トレーニング後にうどんを食べにいくなんて事は絶対にやっていないでしょう。

 

 

 

今年の1月は写真集の撮影前なのに高野フルーパーラーの食べ放題に行きましたからね 笑

 

 

 

普通に考えたらとんでもないトレーナーです 笑

 

 

 

話を戻して。

 

 

楽して痩せることができるわけない。

 

 

でも何か方法はないのか??

 

 

ということで今村は探しました!

 

 

そしたら見つけました 笑

 

 

今回は自宅で出来る脚やせダイエットについてお話していきます^ ^

 

 

 

〜ご案内〜

▶︎自宅ではじめる下半身痩せダイエット講座

今なら無料!

詳しくはこちら

 

▶︎個別カウンセリング&パーソナルトレーニング

毎月限定5名様に限り体験料半額!

初回体験の流れはこちらをご覧ください!

http://lsp.tokyo/price_service

 

▶︎下半身痩せダイエットヨガ

毎月第1、第3土曜日に下半身痩せヨガ講座開催

詳しくはこちらをご覧ください!

https://lsp.tokyo/archives/6684

 

 

 

これは簡単!〇〇を使って脚痩せダイエット

足の裏の感覚アップで自宅で脚やせ

とうことで早速本題です。

 

 

 

健康サンダル(突起のあるやつね)

 

 

これを履くだけです。

 

 

 

これを履くことで歩行時の動揺(揺れ)が減り、効率よく下半身を使うことがで来るようになります。

 

 

 

これだけで下半身が痩せるかと言えば、そんなに簡単なものではありませんが、普段の筋トレにプラスして自宅や(可能であれば)職場でこれを履くだけで下半身の使い方は変わります。

 

 

僕のように普段からきちんと使えている方の場合はそれほど効果を感じないかも知れませんが、これは画期的な発見だと思います 笑

 

 

筋トレ頑張っているのに下半身痩せができない方は、ひょっとして筋力ではなく体性感覚に問題があるのかもしれません。

 

 

ここから先は理論的な話をしていくので読むのが面倒な方は、“健康サンダルを履けば脚やせダイエットに効果的なんだ”、と言う事だけ覚えてアマゾンで購入してください!

 

 

ちなみに、これは今村の仮説なので悪しからず。

 

 

下肢の体勢感覚情報がバランス維持には大事

それでは少し小難しい話をしていきます。

 

 

 

眠くなったら諦めて寝てください 笑

 

 

下肢の体性感覚情報は立位での姿勢制御にとても重要な役割を果たしています。

 

 

噛み砕いていうと、足裏(の皮膚)で感じる感覚や筋肉の伸び縮みの情報を元に僕たちは立っていると言う事です!

 

 

糖尿病患者は代謝障害や抹消血管閉塞が主な原因となって神経障害を引き起こし、足の裏の感覚が麻痺をがする場合があります。

 

 

このような方達の立位姿勢時の動揺量は、同年代の健常者に比べて統計的に有意に大きかったとあります。

 

 

逆に、末梢神経障害のない糖尿病患者は健常者と姿勢動揺量は変わらなかったとあります。

 

 

つまり、足裏の感覚が麻痺した状態で立っていると、普通の人に比べて揺れる幅が大きくなる、と言う事です。

 

 

 

この実験から下半身太りを考察すると、このように“揺れ”が大きくなると本来使わなくても良い部分が使われてしまい、足が太くなると思われます。

 

 

 

これは歩行時も同じで、足裏の感覚が鈍くなると“揺れ”が大きくなりそれだけ足を上げるのが難しくなります。

 

 

 

こうなるとお尻を使って歩くことができなくなるため、お尻は垂れてきます。。。

 

 

 

この研究ではさらに閉眼・開眼の視覚情報を操作して実験したのですが、この話を始めてしまうと前庭覚や視覚などの小難しいでは済まない領域に足を突っ込んでしまうのでここでは割愛します 笑

 

 

そして、糖尿病になると糖質制限どころか最悪タンパク質制限も発動されるので、僕がもっとも罹りたくない病気の一つでもあります。

 

 

 

これも機会があればどこかでお話します。

 

 

 

ここまでで、いかに足裏の感覚が立位でのバランスを保つ上で大切かがお分かりいただけたかと思います。

 

 

健康サンダルは健康だけではなく下半身痩せにも効果的

それでは健康サンダルがなぜ良いかについて。

 

 

 

高齢者を対象とした実験をご紹介します。

 

 

ヒトは加齢に伴い、体性感覚は衰えていきます。

 

 

もちろん筋力も衰えます。

 

 

と言うことで、高齢者の転倒を予防するためには運動機能に加え、体性感覚機能を保持するようなプログラムも必要になります。

 

 

 

高齢者に突起のあるシューズを履かせ、足底に機械的刺激を増強させたところ、姿勢動揺量が減少したと言う実験結果が報告されています。

 

 

その突起のあるシューズが健康サンダルなんです!

 

 

 

 

 

これね!!

 

 

もう一度言いますが、これだけで下半身痩せ、脚やせが成功するわけではありません。

 

 

 

これは体性感覚を改善するものです。

 

 

だから、筋トレもやらないとうまくいかない。

 

 

このことをしっかりと覚えておいて下さい!

 

 

 

本日はここまで!

 

 

 

ありがとうございました^ ^

 

 

 

お知らせ

パーソナルトレーニング体験受付中

どんなトレーナーが担当するのか?

 

体験を通じて信頼出来るトレーナーだと感じた場合のみお申し込み下さい

 

体験をしたからと言って無理な勧誘をする事は一切ありません。

 

 

“何をすればいいのか”を教えてくれる所は多いですが、目的に対して“何をいやってはいけないか、やらなくても良いか”もしっかりとお伝えします。

 

あなたにとって最も効果的なアプローチ方法をカウンセリングをもとにアドバイス致します。

 

 

▶︎個別カウンセリング&体験トレーニング◀︎

毎月限定5名:10,000円→5,000円(税抜き)

 

体験の流れ

 

個別カウンセリング&体験トレーニングのお申し込み

http://lsp.tokyo/contact

 

下半身痩せダイエットと心を整えるヨガ

毎月第1、第3土曜日に下半身痩せヨガ講座開催

詳しくはこちらをご覧ください!

https://lsp.tokyo/archives/6684